home

Googleカー 加州で運転可能に

 米Googleは9月24日(現地時間)、カリフォルニア州のエドモンド・ブラウン知事がカリフォルニア州の公道での自動運転カーの走行を許可する法案に署名したと発表した。発効は2013年1月1日だ。

 ブラウン知事は署名式のためにGoogle本社に赴き、同社で自動運転カープロジェクトを統括している共同創業者のサーゲイ・ブリン氏、法案を提出したアレックス・パディラ上院議員(民主党)らとともに自動運転カーのもたらすメリットや安全性について集まった市民を前に説明し、法案に署名した。

 この法律により、車両管理局(DMV)が定めた安全・性能基準をクリアすれば運転免許保持者が自動運転カーで公道を走行できるようになる。

 Googleは8月に、実験車両での走行距離が累計で30万マイル(約48万キロ)を突破し、これまで無事故だったと発表した。また、5月には米ネバダ州で、公道で試運転できる免許を取得している。

鋳物工

内容
鉄鋳物または非鉄合金鋳物の鋳造品を製造する仕事。
混砂作業、中子作業、造型作業、溶解作業、注湯作業、仕上作業などの業務がある。
収入★★★
必要資格
特になし
鋳鉄鋳物鋳造作業、鋳鋼鋳物鋳造作業、銅合金鋳物鋳造作業、軽合金鋳物鋳造作業、 鋳鉄誘導炉溶解作業、鋳鉄鋳物鋳造作業の技能検定に合格していると有利

製鉄工

内容
転炉または電気炉で溶銑の不純物を取り除いて精錬する仕事。
大別して原料職・炉前職・二次精錬職・造塊職・連鋳職などの仕事がある。
収入★★★
必要資格
特になし

製薬工

内容
医薬品の製薬を行う仕事。原薬をつくる製薬工程、それらを加工する製剤工程、 完成品の包装工程の作業を行う。
収入★★★
必要資格
特になし
おおむね高卒以上

陶磁器工

内容
食器や衛生陶器、タイル、碍子などの焼き物を製造する仕事。
大半の工程を手作業で行う伝統技法と、オートメーション化した工場生産の二つがある。
収入★★★
必要資格
陶磁器製造の技能検定合格だと有利

ガラス食器製造工

内容
ガラス食器を成形する仕事。
大半の工程を手作業で行う伝統技法と、オートメーション化した工場生産の二つがある。
収入★★★
必要資格
特になし
おおむね高卒以上
ガラス製品製造の技能検定合格だと有利

セメント生産オペレーター

内容
セメント製造プラントを安定的に運転管理し、セメントを製造する仕事。
製造作業には原料工程、焼成工程、仕上げ工程のみっつがある。
収入★★★
必要資格
特になし
おおむね高卒以上

石油精製オペレーター

内容
原油を石油製品へ加工する石油精製装置の運転を行う仕事。
石油精製装置の巡回業務と、装置の制御業務の二種類の業務がある。
収入★★★
必要資格
特になし
おおむね高卒以上

圧延工

内容
圧延機を使用して、鉄鋼製品の材料となる鋼板や条鋼、鋼管を製造する仕事。
材料の段取り、引き伸ばしのための加熱、圧延、仕上げの四工程の業務がある。
収入★★★
必要資格
特になし

非破壊検査員

内容
破壊や分離に拠らずその中身を調査する非破壊検査の作業を行う仕事。
検査の対象物としては金属材料、機械の部品、金属の溶接部または構造物などがある。
検査業務には放射線装置や超音波探傷装置などの装置を利用する。
収入★★★
必要資格
特になし
非破壊検査技術者の資格があると有利

自動車組立工

内容
自動車を構成している部品や材料を組み合わせて、部品ユニットや完成車を製造する仕事。
収入★★★
必要資格
特になし
おおむね高卒以上

スマホ マルウェア1年で23倍

 調査会社のABI Researchは9月25日(英国時間)、スマートフォンアプリケーションのセキュリティ市場に関する報告書を発表した。スマートフォンを狙うマルウェアの数はこの1年で23倍に増え、モバイルセキュリティアプリの世界市場も2012年には3億9800万ドルに達する見込みだ。

 Androidを中心に、スマートフォンを狙うマルウェアやスパムSMSが報告されており、ABIの調査によると、2011年第1四半期には438件に過ぎなかったスマートフォン向けマルウェアのサンプルは、2012年第2四半期に1万7439件に達した。2011年第2四半期は765件、同第3四半期は1020件、同第4四半期は4595件、2012年第1四半期は7492件というように増加の一途をたどり、直近では3カ月間で倍以上増えたことが分かる。なお、2011年第1四半期からの増加率は2180%となり、今後もマルウェアの増加は続くと予測されている。

 これに合わせて、スマートフォンの保護を目的としたモバイルアプリケーションセキュリティ市場も拡大しており、2012年には3億9800万ドルに達する見込み。これには、エンドユーザー向けに販売される有料アプリの形をとるもの、通信事業者やメーカーが事前にインストールするものなどが含まれる。モバイル向けには、McAfee(米Intel)、AVG Technologies、AVAST Software、F-Secureなど、まざまなセキュリティ製品が登場しており、モバイルセキュリティアプリのダウンロード回数は累計で1300億回を超えるという。なお、ABIはスマートフォンを安全に使うためには、「問題を正しく理解し、自分のニーズに最適な製品を選択することが重要」と指摘している





News

Copyright © 就職について製造業の分類, ALL rights reserved.